老人性色素斑が出来てショック!!

昔、おばあちゃんの手の甲にあったシミ・・・老人性色素斑って言うそうです。

それが、自分に出来るなんて、思ってもみませんでした。

やっぱり加齢によるものなのでしょうか。

もう消すことはできないのでしょうか。

老人性色素斑の原因は?

一般的に「シミ」というと、この老人性色素斑を指すことが多いです。
紫外線を浴び続けることで、お肌が老化し、お肌の内部でシミの原因メラニンが増加して沈着するのです。

 

特長として、シミのまわりの輪郭がはっきりしていて、薄茶色であることなどがあります。
まさしくおばあちゃんの手にあるアレですね。

 

長年の紫外線によるダメージなので、そう簡単にこのシミを消すことはできません。
そのため、このシミができないようにしっかりとした紫外線対策で予防する必要があります。

老人性色素斑の治療は?

美容クリニックでレーザを照射することで、老人性色素斑を除去することができます。
ただし、老人性色素斑は長年の紫外線の蓄積です。
もしかしたらシミは皮膚の奥にまで達しているのかもしれません。
1回の照射で完全に取り去ることは難しいので、複数回通う必要があります。
また、多少の痛みがあるようです。

 

手軽に、毎日のスキンケアでシミをケアすると簡単ですよね。

老人性色素斑にオススメのシミ取りスキンケアをご紹介します。

スキンケアから老人性色素斑を消すことを考えてみましょう。
おすすめは「ディセンシア サエル」です。

老人性色素斑トライアルセットはこちらから!

どうしてディセンシアがオススメなの?

 

サエル


ディセンシアのサエルをオススメする1番の理由は、お肌に優しいからです。
シミ取り用の化粧品は多く出回っていますが、少々強い成分が入っていることも多いです。
サエルは元々「敏感肌、乾燥肌」用の化粧品でした。
お肌の炎症を抑え、外部刺激から自らを守るバリアを形成し、健やかなお肌作りをしたうえでのシミ取りなのです。

 

老人性色素斑ができる、ということは、お肌が毎日紫外線を浴び続けて弱っている状態。
その状態ではお肌の乾燥も進みます。
サエルには完璧な保湿バリア、お肌の酸化を防ぐ成分などが配合されていて、アンチエイジングとしても効果がありそうです。

 

老人性色素斑トライアルセットはこちらから!